白ロムの買取業者の比較サイト~買取価格はおいくら?~

HOME > 白ロム情報 > 白ロムと赤ロムの違いを知ろう

白ロムと赤ロムの違いを知ろう

 スマートフォンを利用するとき、大きく分けると2種類の持ち方があります。一つは携帯電話会社と契約をして、通信サービスと本体を一緒に購入する方法です。一般的な方法になりますが、すでに携帯電話の契約をしている人、スマートフォンを持っている人だと二重で契約などが発生します。
 それでもいいならよいですが、できれば安く利用したいと考えるでしょう。その他の方法としては、スマートフォンを別途購入し、通信回線はMVNOで契約する方法があります。こちらであれば、本体は中古などで安く買える場合があり、通信回線も安く利用することが可能です。

 中古でスマートフォンを購入するとき、注意をしないといけない場合があります。それは、利用することができるものとできないものがあるからです。一般的な中古販売店では、白ロムと呼ばれるタイプが売られています。
 こちらは買取業者がきちんと中身のチェックをしている機械になります。前の利用者のロムが抜き取られていて、さらに記録などもありません。機械自体は中古ですが、新たに設定などができる状態です。
 MVNOのロムを差し込めば、そちらで通信をすることができます。基本的には、MVNOの回線にあった機械を選びます。別の通信会社の機械だと使えない場合があります。

 白ロム以外として赤ロムと呼ばれる機械があります。違いは、単純に使うことができない機械です。MVNOのロムを差し込んでも認識をしません。ですから使うことができません。対面の中古販売店であればほぼ手にすることはありませんし、もし手にすれば返品に対応してくれます。
 ではどんな場合に手にするかですが、一番多いのはネットオークションです。こちらは個人の取引になるので、実際にものが届かないと商品の状態がわかりません。届いてみて使おうとしたら使えなかったことがわかります。
 まれにネット系の中古ショップで購入した時につかまされる可能性もあります。購入者の注意としては、赤ロムをつかまされないよにすることでしょう。信頼のできるショップであれば、赤ロムの販売はしていませんし、返品対応してくれます。もしネットオークションで安く購入したいなら、購入前にあることをチェックしてみましょう。
 それは、製造番号のチェックです。赤ロムの場合、通信制限がされています。通信制限に該当するかがわかるサイトがあります。出品者から製造番号を提供してもらい、その番号が赤ロムかどうかを調べてみましょう。該当しなければ一応は大丈夫です。オークションの出品者の評価なども調べると良いでしょう。

次の記事へ

カテゴリー