白ロムの買取業者の比較サイト~買取価格はおいくら?~

HOME > 白ロム情報 > 在庫不足の白ロムは買取価格は高くなりやすい

在庫不足の白ロムは買取価格は高くなりやすい

中古の携帯を販売しているお店では、たまに在庫不足が生じている事があります。
売れ筋の携帯が在庫不足になっていて、困っているお店もたまに見かける事もあります。
しかも在庫不足の携帯に限って、リピーター客との予約が入っている事も珍しくありません。
ですからお店としては、在庫不足の携帯を何とか確保したいと望んでいる事もあります。
この在庫状況は、白ロムの買取価格を大きく左右する要因の1つです。
そもそも買取店による価格は、それぞれ差があります。
価格が比較的高く見込めるお店もあれば、その逆もある訳です。
それで上記の在庫不足のお店は、前者のようになる事も多々あります。
何しろ在庫不足ですから、お店としては何とかして買い取りたいと望んでいます。
ですから買取強化中と明示されている白ロムなどは、かなり価格が高くなる事も多いです。



白ロムの買取価格を下げづらくしてくれる宅配資材

買取店によっては、宅配用の資材を準備している事があります。
その資材は、フル活用する方が良い事も多いです。
最終的な買取価格にも影響を及ぼすからです。
そもそも買取時の価格は、品物の状態に重視される傾向はあります。
傷が付着してしまった品物などは、価格も下がりやすいです。
ところで品物に傷が付くか否かも、運搬時の状況に左右される事があります。
例えば運送の最中に白ロムに傷が付いてしまえば、状態は悪くなってしまう訳です。
その場合、買取価格も下がってしまう傾向はあります。
しかし白ロムを宅配用の資材で梱包をしておけば、傷が付きづらくなる事も多いです。
梱包用の資材は、構造が工夫されているからです。
傷が生じづらくなれば、買取価格も下がりづらくなるのは明らかです。
ですから特別な資材が用意されているなら、買取店からの取り寄せが推奨されます。



白ロムのお店によって買取価格には差がある

白ロムの買取価格は、お店によって差があるのは間違いありません。
例えばAというお店では、携帯に対する価格が15,000円と算出されたとします。
それに対してお店Bですと、価格が13,000円と言った具合です。
複数のお店で算出をしてもらいますと、更に大きな差を実感できる事もあります。
このように差がありますから、買取価格を高くしたい時には、お店が比較される事も多いです。
いくつかのお店で査定を受けてみれば、どこか価格が高い所も見つかることはあります。
上記の例では、他の複数のお店で携帯の状態を確認してもらえば、17,000円になる所が見つかる可能性もある訳です。
つまり価格を高くしたい時には、相見積もりが推奨される訳です。
色々なお店から価格を提示してもらい、一番数字が大きい所で売却をしている方々も多いです。

次の記事へ

カテゴリー