面接何を話すべきかアルバイト採用への近道

近年、どの企業もアルバイトにおいても人手不足が続いています。アルバイトをする側にとっては良い環境となってきていますが、少しでも良い企業でアルバイトをしたいと思っています。そのためアルバイトの採用も厳しくなっています。ここでは、アルバイトの採用面接の時に良い印象を与えるにはどうすれば良いかをお伝えします。採用時の面接で気を付けることは、自己紹介、自己PR、志望動機、マナーなどたくさんあります。しかし、あらかじめ「見られているポイント」「よく聞かれる質問」「答えにくい質問」について事前準備をしておけば大丈夫です。まずは、面接のマナーについてです。服装や身だしな、所持品は隅々までチェックすること。遅刻厳禁ですから、10分前の行動を心掛けること。姿勢を正して相手を見てはっきりと話すこと。面接が終わっていても気を抜かないこと。これらを頭に入れておけば大丈夫です。

面接で必ず聞かれる質問ベスト3

アルバイトの採用面接ではある程度聞かれる内容は決まっています。それは、「志望動機」「これまでに経験したアルバイト」「あなたの長所・短所」の3つです。志望動機に関しては、希望職種のどこに興味や魅力を感じるか、何がしたいかなど、相手に熱意と意欲が伝わる内容にすることが大切です。これまでに経験したアルバイトに関しては、ただ今までの職歴を並べることが大切ではなく、そこから自分は何が出来るのか、アルバイト観などを伝えることが大切です。あなたの長所・短所に関しては、相手の面接官は、あなたがどのような性格の持ち主なのかを知ろうとしています。従って、一言で済ませるのではなく、長所は仕事にどのように生かせるのか、短所はどのように改善していくのかと、それぞれ仕事と絡めた内容にすると良い印象を与えることが出来るはずです。

アルバイト初日に心掛けるマナー

アルバイトの面接が上手くいき、採用されたからといって安心してはいけません。大事なのは、これからです。快適なアルバイト生活が送れるように、最低限のマナーを身に着けておくとより楽しいアルバイトとなるはずです。まずは、事前準備をしっかりとすることです。出勤日時、出社する場所、服装、持ち物などです。特に持ち物は指定されたもの以外に手帳とメモ帳と筆記用具は準備して下さい。次に、あいさつです。すれ違う社員や他のアルバイトには元気にあいさつをすることが大切です。積極的にあいさつが出来ることが大切です。最後は、話を聞くときはこまめにメモを取ることです。分からないことはすぐに聞いてメモする癖をつけると良いです。そして教えてもらったら、感謝の言葉を伝えましょう。メモを見返すことも大切です。これらを守って楽しいアルバイトをして下さい。