Menu

アルバイト採用でどんなアピールができるのか

正社員であっても、アルバイトであっても、採用面接を受ける側にとっては同じことです。その日に向けて準備をして当日には緊張するものです。アルバイトだからといって気を抜いていては採用を逃してしまいます。しっかりと準備を整えて面接に挑みましょう。当日までに面接で必ず聞かれることや聞かれると予想されることに対してちゃんと答えられるように練習しておきましょう。たとえば、シフトに関することなどは必ず聞かれるので、自分が希望する日時は明確にしておきます。家族や友人などに面接の練習を手伝ってもらうのも効果的です。余裕があれば面接してもらえる会社のサイトなどを見て、どのような会社なのかなどを会社概要や理念や実績などに目を通して把握しておくと面接時の会話で役に立つこともあるのでおすすめです。

約束の時間より遅れる場合は早い段階で連絡を入れる

アルバイトの採用でも当日の服装は、就活スーツのようなものが定番ですが面接場所によっては必ずスーツでなくても大丈夫です。とはいえ、ラフな格好や派手目な服装はもちろんNGです。きちっとしていて清潔感があるもので、なるべくスーツのように落ち着いた色味の服装を着用するのが好ましいです。靴下やカバンにも注意をはらいましょう。面接当日は約束の時間の5分~10分前には面接場所に着くようにしましょう。何かあった場合にそなえて早めに家を出るのは良いですが、もし早く着きすぎた場合は近くで時間まで待つのが望ましいです。どうしても交通機関のトラブルなどで、やむを得ず約束の時間に間に合いそうにないときには、必ず間に合わないと判断できた時点で連絡を入れましょう。連絡が遅れたり連絡を入れ忘れることのないように注意が必要です。

間違えてもちゃんと伝えることが大事

アルバイトの採用面接では、これまでの経歴から志望動機などさまざまなことを聞かれることになります。必ずではないですが、長所と短所を聞かれることも多いので事前に明確にしておくことをおすすめします。自分がどういう人間なのかに自分自身が向き合う機会はそう多くはないので、この機会にしっかりと自分を確認しておきましょう。その結果をしっかりと言葉にできるようになると、志望動機などで自分の得意なことに関してもアピールすることがでたり、予想していなかった質問がきたときにでも役に立つことがあるでしょう。採用面接は緊張してしまうものですが、言い間違えてしまった場合でも話す速度がゆっくりになってしまっても良いので、はっきりと正確に伝えるよう心がけることが大事です。真面目に取り組む誠実な姿勢は必ず伝わり好印象を与えます。