こんな人が欲しいと思わせるアルバイト採用

受けたいと思うアルバイトを見つけ、面接までこぎつけるまで動いたなら時給やシフト、仕事内容が自分にあったもので必ず受かりたいものです。アルバイトは学生でもできる気軽にやれる仕事のように思いがちですが、社会人としての責任を持たなければいけない場です。アルバイトに採用されるには、第一印象、つまり採用面接をクリアしなければいけません。電話でアポイントを取ったら、多くの場合が面接の日取りを聞かれます。採用担当へ連絡を取る前に自分のスケジュールを確認し、候補をいくつか開けておくといいです。持ち物として履歴書を一通が必要です。履歴書には証明写真が必要なので事前に用意しておくことをお勧めします。今では求人雑誌に付属されていることもありますし、電話の仕方も載っているので、一度目を通しイメージトレーニングしておくと緊張せずにできるのではないでしょう。

面接官に印象のよい志望動機を考える

ついにアルバイト面接が明日と決まったなら、まず面接会場の行き方とかかる時間を確認しましょう。面接で一番してはいけない、気を付けるべき点は遅刻です。社会人にとって遅刻をするとだらしない印象をつけますし、他の従業員の迷惑になるからです。時間が守れれば、気持ちよく面接を行えます。理想は早めに到着することですが、あまり早すぎるのも相手に迷惑がかかります。早めについたなら、時間までカフェで面接の質疑応答などを落ち着いて考え、身だしなみを整えることが出来ます。また何か飲食する場合には、口臭や口元をチェックし、相手に不快な思いをさせないように気配りしましょう。約束の5分くらい前にお店へ踏み入れれば、採用面接官に良い印象を与えられます。面接に行く時には身だしなみに気を付けたいです。

社会人としての身だしなみが肝心

第一印象が決まり、服装が合否にかかわるということは大いにあります。まず、清潔感が一番大切です。ラフなジーパンやTシャツもやめておきましょう。ブラウスやスカート、スラックスなどでかっちりした雰囲気が大事です。また、髪型にも注意が必要です。男性ではワックスで毛先を遊ばせていたり、女性ではいつもは髪をおろしている人も、アルバイトの採用面接のときには清潔感が感じられるようにまとめます。前髪が長い人は左右にわけて顔がはっきりと見えるようにすることも重要です。面接では相手の目をみて質疑応答すると、まじめで誠実な印象を付けることができます。また、つい普段通りの化粧などとしてしまいがちですが、派手すぎないメイクで行くことも気を付けたいです。飲食店などでは香水なども嫌がられることが多いのでつけないようにしましょう。