Menu

これでアルバイト採用の道が開く

近年では、正規雇用の枠が減少する一方、非正規雇用枠が増えつつあります。長年続く不況や少子化が原因と言われる中、グローバル化に伴う人員削減が可能になってきたこともあると言われています。しかし、労働人口が減ることが現在の社会では対応が追い付かず、人手不足による労働者を求める動きは常にあります。アルバイトは非正規雇用の一つで、雇い主にとって扱いやすい雇用形態のこともあり、様々な分野で常に募集をしています。職種を選ばなければ仕事に困らないと言うくらい、アルバイトは採用されやすい仕事です。しかし、いくら採用されやすいといっても社会人として仕事ができるかを判断されなければ意味がありません。履歴書の書き方や面接で、働く意欲をどのように工夫すれば雇い主に伝えることができるのかが課題になっています。

雇用者側のニーズを察知してアルバイトに採用されるように取り組む

種類を選ばなければ選択肢が豊富に見えるアルバイトですが、何でもよいというわけではありません。仕事としてこなす必要があるので、ある程度条件を絞る必要があります。まず、自分に合っているものを仕事につなげることが大切です。興味のある物事からそれに携わる仕事を見つける方法や、得意としている分野のスキルを延ばす目的で仕事を見つける方法など、自分に関係のある面からアプローチすると、採用後に仕事が長続きすることにつながります。履歴書の書き方についても同様のことが言えます。趣味や特技など沢山あるほど様々な仕事へのアプローチに役立ちますが、ただ単に書き綴るだけでなく、仕事に共通した点に焦点を当て、強調して仕事に関連付けた内容にすることで、採用する側の意識をとらえやすくなります。

面接で雇用者の気持ちをつかもう

アルバイトの採用方法は、履歴書等の書類選考の後、面接を経て採用に至るといった方法をとっているところが殆どです。客観的な人物像も採用の判断材料になります。男女ともにアクセサリーや化粧は控えめに、清楚な服装を心がけることが大切です。アパレル関係の場合は、清楚さよりもその人のファッションセンスを問われるので、事前に店舗に行って店員や店内の服のファッションチェックを勉強しておくことをおすすめします。インターネットでファッション情報を得る方法もあります。面接では、履歴書で伝えきれなかった点を補足するのに役立ちます。口頭ですので、多くのアプローチを雇用主に提供できる大きなチャンスでもあります。しかし、一方的な話し方は面接官のイメージが悪くなるので問われている内容から逸脱しない範囲で答える必要があります。